カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「 その他」の6件の記事

2013年9月23日 (月)

室内水耕栽培再開:極早生シスコとバイオサラダ

このような袋に入ってました。
201309121957121


201309121957122


2013年9月12日スポンジ培地に種を1粒ずつ蒔きました。
2013年9月21日トレーに移植しました。

20130921132714
バイオサラダ
「バイオ」っていうくらいだから遺伝子組換えかなあ。
ちょっと怖い。

20130921153528
極早生シスコ
これも原産国アメリカだからなあ。
ちょっと心配。

2013年6月24日 (月)

室内水耕栽培一時中止

参りましたぁ。
スポンジ培地の間で何やらうごめくものを発見。
それがこれです。
20130621

ぎえ〜!
きもちわりぃ〜。

この姿を見てからというもの,何かしら細長いものを見ると幼虫に見えてしまいます。
うう〜,ゾクゾク。

原因はよくわかりません。

水耕栽培ののトレーの近くに買ってきたミニバラの鉢植えを置いた事が有ります。
しばらくしてスリップスと呼ばれる虫が飛び始めました。
しかし,今回の幼虫はどうもチョウバエのようです。

そのスリップスが飛び始めた頃にコバエの様なものが飛びました。
でもいつもの事なのでさほど気にしませんでした。
ただ,チマサンチュの葉の先が黒く枯れてる事が有りました。
でも,そこをとって食べてました。
その時点ではその幼虫にはお目にかかっていません。

一番疑われるのはスポンジの使い回し。
収穫後,スッポン時を洗って使えそうなものは使い回してます。
十分に乾燥させたあと,再び培地として利用してきました。
しか〜し,ここ最近,十分乾燥せずに使いました。
そのコバエの様なものが乾燥中のスポンジに止まってる姿を何度か見ました。
気にもせずその生乾きのスポンジを培地として使いました。

今思うと,そのスポンジに卵を産んだのではないかと疑ってます。
水に浸したバットにそのスポンジを並べ,種を蒔いて苗を育てている時ふ化して繁殖したのでは。
知らずにプラカップにその培地を入れ,液肥を満たしたトレーに移植して,トレーで羽化して繁殖の繰り返しかも。

なのでしばらくは中止。
気分が直ってから再開したいと思います。

2012年7月16日 (月)

バーミキュライト無しで行ってみよう4

その後,時間の経過とともに倒れる苗が続出。

20120711135251

20120711135311
スポンジで補強。

結局,プラカップにもどしました。

但し,バーミキュライトは使ってません。

2012年7月 7日 (土)

バーミキュライト無しで行ってみよう3

前回の方法でもトレーを移動するとプラカップがフラフラ傾いてしまいました。
そこで,ぷらカップそのものをやめてしまおう,と考えました。
スポンジ培地を固定する適当なものは無いか。
安価に手に入るもので,できればタダで。

やはりペットボトルを活用しよう。

そこでペットボトルの横の部分を切り取って,そこに四角い穴を開けてスポンジ培地をはめ込んではどうだろうか。
早速実験開始。

20120705132437
先ずは2ℓペットボトルを口の部分,胴,底に切り分けました。

20120705132808
その胴の部分を縦に切り,4つにしました。


20120705141743
トレーの大きさと比べて,切り分けた胴の部分の広い方の2つに計8個の四角い穴を開けました。

20120706085833
小松菜の苗をはめ込みました。

20120706091008
液肥を加えました。

そこでちょっと失敗。
苗の一つが折れてしまいました。
何か補強できるものは無いか。

20120706091449
スポンジを縦に切って,折れた苗の横から挟み込んで補強のつもり。

さあ,楽しみ楽しみ。

2012年7月 3日 (火)

バーミキュライト無しで行ってみよう2

プラカップを水切りトレーでフラフラするのを防ぐ方法は無いものか考えました。
四隅のプラカップがよく動くので,これを固定したい。
廃物利用で何とかならないか。

そこで思いついたのがペットボトル。
水をネットで購入してるので,普段2リットルのペットボトルは近所のスーパーで捨てています。

このペットボトルを何とか利用したい。
以下の方法を試してみました。

20120701092340
先ずはペットボトルを輪切りにします。

20120701092543
それを門を残すように切ります。
さらに,トレーに挿せるように足ができるように切ります。

20120701093057
水切りトレーの四隅に挿してみます。

20120701094314
ぷらカップをトレーに並べました。

20120701094914
蛇足ですが,プラカップの底はスポンジがうまくはまるように四角に切ってます。

20120701095123
プラカップに苗を移植しました。

20120701095140

続いて液肥を投入。
20120701100749

20120701100800

さあ,どうなるでしょうか。
楽しみだ。

2012年7月 2日 (月)

バーミキュライト無しで行ってみよう

収穫した後,水切りトレーやプラカップを清掃し,スポンジも洗って,バーミキュライトも洗います。
だんだんバーミキュライトを洗うのが面倒になってきた。
そこでバーミキュライトを使用しなかったらどうだろうかと。

20120630175244
いつもこのように送られてきた野菜の包装に使われていた新聞紙にバーミキュライトを広げて乾燥してます。
ちなみに,いわゆるマスコミは信用できないので新聞は取ってません。

さて,バーミキュライトを使わないと,
20120630175015
こんな感じ。まだ,始めたばかりなので何とも言えませんが。
ただ,水切りトレーを日当たりのいいところに,と移動するとぷらカップはトレーの中でフラフラします。
そこが難点。

その他のカテゴリー

米のとぎ汁乳酸菌 |  培養 |  豆乳ヨーグルト |  漬物 |  その他 | 室内水耕栽培 |  レタス |  小松菜 |  ほうれん草 |  水菜 |  せきちく |  モロヘイヤ |  チマサンチュ |  べんり菜 |  バイオサラダ |  極早生シスコ |  ロメインレタス |  その他 | 旅行記 | 旅行記:東北 |  青森:弘前/奥入瀬 |  岩手:中尊寺・厳美渓 |  岩手:浄土ヶ浜 |  宮城:松島 |  秋田:大湯温泉/田沢湖芸術村・角館 |  福島:いわき・スパハワイアンズ |  福島:大内宿・芦ノ牧温泉 | 旅行記:北関東 |  茨城:偕楽園・笠間 |  栃木:日光 |  群馬:猿ケ京/谷川温泉 |  群馬:老神温泉・吹き割れの滝 |  群馬:新鹿沢温泉 |  群馬:片品温泉・尾瀬 | 旅行記:首都圏 |  千葉:犬吠埼 |  千葉:館山/小湊 |  東京 |  神奈川:鎌倉 |  神奈川:小田原 |  神奈川:箱根 | 旅行記:伊豆 |  熱川/河津/南伊豆 | 旅行記:甲信越 |  新潟:佐渡 |  新潟:松之山温泉 |  山梨:増富ラジウム温泉/下部温泉 |  山梨:石和温泉・昇仙峡 |  長野:上高地 |  長野:東御市・湯ノ丸高原・池の平湿原 |  長野:諏訪湖・高島城・高遠城 |  長野:鹿教湯温泉 |  長野:妻籠宿 | 旅行記:北陸 |  石川:兼六園・金沢城・茶屋街 | 旅行記:東海 |  岐阜:白川郷 |  岐阜:馬籠宿 |  静岡:舘山寺 |  三重:伊勢・志摩 | 旅行記:近畿 |  京都:洛中 |  京都:洛北 |  京都:洛東 |  京都:洛南 |  京都:洛西 |  京都:宇治 |  奈良:奈良公園周辺 |  奈良:斑鳩・西ノ京 |  奈良:吉野 | 旅行記:その他 | さーどっさんって | お気に入り |  野菜 |  米 |  水 |  ハクキンカイロ |  ホウロンポウ(蓬龍宝) |  iPhone | 工夫 | ひとりごと

乳酸菌培養の材料

室内水耕栽培

会員です



お気に入り