カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「 長野:上高地」の11件の記事

2011年11月24日 (木)

2007年7月 上高地旅行 3日目 大正池

ここで視界が開けました。

201107161108
「大正池」です。

201107161109

2011071611092

201107161110

201107161112
中央より少し上に蝶が写ってます。
黒い蝶です。

2011071611122

201107161115
今度は中央に鴨。
この辺の鴨はすぐに人間に寄ってきます。

201107161130


201107161133
ちょっと腰掛けてお弁当でも食べようものなら、すぐに鴨が近寄ってきます。
ちょっとよそ見しながら、人間の顔色を窺いながら、ちょこちょこと近寄ってきます。

2011071611332

201107161134
何だか飾りを捨て去った風景ですね。

201107161138

201107161141

これで今回の旅行は終りです。
ここの「大正池ホテル」で昼食をとりました。
この時、「新潟県中越沖地震」のことを知りました。

タクシー会社に電話して、タクシーを呼んでいただき、「岩見平」駐車場までもどり愛車に対面。その休憩所でお土産を買いました。


2011年11月23日 (水)

2007年7月 上高地旅行 3日目 上高地自然研究路

地震の被害もそれほどでもないだろうと思い、先に進みました。
201107161016

201107161018

201107161022
道端の花

201107161030
向こう岸に水鳥。

201107161036
先ずは「田代池」に向かってます。

201107161038
標高は1500メートルなんですね。

201107161039

201107161041
錆びたような小川

201107161043

201107161045
公害の沼みたいな、あまり見たくない沼ですね。実際は公害なんてないのでしょうが。

201107161047
「田代池」の湿原

2011071610472

201107161051
「大正池」に向かってます。

201107161055
この頃になると、反対方向から「河童橋」方面に向かう観光客が増えてきました。関西の方が多かった。

2011071610552

201107161058

201107161101
「大正池」に向かってます。
周りの景色というと林ばかりでした。

2011071611012

201107161103

201107161105

201107161106

2011071611062

この先が「大正池」です。


2011年11月22日 (火)

2007年7月 上高地旅行 3日目 宿〜田代橋

チェックアウトして、大正池に向かいます。

朝の散歩と違う、「梓川」の右岸の道を歩きます。
宿が多く建ち並んだ道です。
201107160931

201107160932

201107160932_2
「明神橋」の方とは違い、少し広めの道です。

2011071609322
「ウエストン碑」までもう少し。

201107160939

201107160949
道端の水鳥

201107160953
「ウエストン碑」

201107160954
 ウエストン碑
  英人牧師ウォルター・ウエストンは、明治21年(1988年)から同
 28年(95年)までの日本滞在中に槍ヶ岳や穂高の山々を数多く歩き、
 我が国に近代的な登山意識をもたらし、日本山岳会結成のきっかけ
 を作りました。
  また、その間の紀行文「日本アルプスの登山と探検(明治29年)」
 により、中部山岳を世界に紹介するなど、その業績は高く評価され
 ています。
  ここにあるレリーフは、日本山岳会が昭和21年にウエストンの喜
 寿(77才)を祝って作ったもので、昭和40年にかけなおされていま
 す。
と、記されています。

201107160955
「梓川」
台風一過という感じですが、この頃台風はまだ近くだったと思います。

2011071609552

201107160956

2011071609562

201107160957

201107161001

2011071610012

201107161005

2011071610052

201107161007

2011071610072

2011071610073

2011071610074

この後大きな地震が発生しました。
この先の橋のたもとのトイレに入ったとき、グラグラっときました。
ちょうど新幹線のトイレに入っている感じです。
周りでも「きゃー」とか「ワー」とか騒いでました。
木々は揺れ、地面も揺れ、でもそれほど恐怖感はなく、遊園地の遊具に乗っているよう。
これが後から知った「新潟県中越沖地震」でした。

2011年11月21日 (月)

2007年7月 上高地旅行 2泊目

こちらで「上高地」のお土産を買いました。
201107151554

201107151849
部屋からの眺めです。
ちょっと一息ついて、夕食に備えます。

2011071518492
屋根も湿っぽいです。

201107151919
夕食の写真はまともに撮ってませんでした。

翌朝。
201107160558
「河童橋」からの眺め。

2011071605582

201107160559

201107160616
さて、朝の散歩です。

201107160617
「河童橋」が見えます。
川の上には水蒸気がうっすらと立ち上っているのが見えます。

201107160622

201107160625
「梓川」の川面には日に照らされてキラキラ輝き、こちらもうっすらと水蒸気が立ちこめています。

201107160626
「梓川」左岸の遊歩道を「バスターミナル」の方へ向かっています。そして振り返った景色です。

201107160635
幻想的ですね。
雨は降りそうもない天候でした。青空があちらこちらに見えてました。

2011071606352
「梓川」を進行方向、「バスターミナル」方向を見たところです。
結構散歩されてる方を見ました。
また、カラスも何羽か歩いてました。

201107160648

2011071606482
「田代橋」

この後、「帝国ホテル」の近くを通って「河童橋」に戻って行きました。

201107160709

201107160712

201107160715
「河童橋」からの「穂高連峰」の眺めです。

2011年11月20日 (日)

2007年7月 上高地旅行 2日目 梓川右岸散策 2

あまり代わり映えのない景色が続きましたが。

201107151456
林の中に猿がいた。

2011071514562
ブレまくってます。

201107151458
野生の猿を見るのは久しぶりなので焦ってる。

201107151459
カメラのせいもあるかもしれませんが、結局焦点のあった猿は撮れませんでした。

2011071514592
あたりを見ると、笹の葉が揺れていたりします。
気がつくとその草むらには数匹の猿がいました。
人間に危害を加えるようには思えませんでした。
「高崎山」の猿を見た時はこちらの方がおびえて、「ポケットには手を入れないように」との注意ばかり気になってました。
今回もそんな言葉が一瞬頭をよぎりました。また、日光の猿の報道もあって、猿を見るときはちょっと体がこわばる気がします。

201107151508

201107151509

201107151510
「河童橋」方向に向かってます。

2011071515102

201107151511

2011071515112

201107151514
カエルの卵と思われます。

201107151517
見えますか。画像の真ん中辺りに小鳥が。

2011071515172

201107151525

201107151527

201107151538
もうすぐそこに宿が。

201107151540

201107151542
「穂高連峰」

201107151543
宿の目の前で見る「穂高連峰」

2011年11月19日 (土)

2007年7月 上高地旅行 2日目 梓川右岸散策 1

明神橋から梓川の右岸を歩きます。

201107151319

201107151321

201107151323

2011071513232
やはり水の量が多いですね。これも台風の影響でしょうか。

201107151328

201107151341
水と緑ばかりなので、花が咲いてると良いアクセントに思えます。

201107151342
「河童橋」方向に向かってます。

201107151343

201107151403

201107151405_2

201107151410
梓川流域の流木です。
こういったものがあちらこちらにあります。

201107151414

201107151416_2
「焼岳」と流木。
荒涼としたとした雰囲気です。

201107151418

201107151420

201107151434
「梓川」

2011071514342

201107151447

201107151448

201107151449

201107151450

2011071514502

201107151451


201107151452

201107151454

201107151455
何だか川の多い場所です。

2011年11月18日 (金)

2007年7月 上高地旅行 2日目 明神池

「穂高神社奥宮」の拝観料を払って、明神池へ。

201107151226
「明神一之池」

201107151228
池の魚

2011071512282
こちらにも

201107151230
「明神二之池」

201107151236
滑りそうな道でした。

2011071512362
その先で撮った「明神池」
ちょっと幻想的。一人で眺めると寒くなる。夜は怖そう。

このあと「穂高神社奥宮」の入口近くのあづまやで弁当のおにぎりを頬張る。
お新香の歯ごたえと酸味を味わう。
しばし休憩。
台風のただ中のはずなのですが、静かです。そして人が少なくゆっくり休憩できました。


201107151311


2011071513112
これから梓川の右岸を歩きます。

2011年11月17日 (木)

2007年7月 上高地旅行 2日目 明神館〜嘉門次小屋

明神館」の近くまで来ました。

201107151140
奥に見えるのが「明神館」です。

201107151151

2011071511512
「明神館」
ここで少し休憩。
自動販売機でスポーツドリンクを購入しました。

この先の「徳沢」にも行ってみたいのですが、帰りが遅くなりそうなので明神池に向かいました。

201107151206
「明神橋」の向こうに「明神岳」

2011071512062
 平成十五年十一月竣工
と記されてます。

「明神橋」からの眺めです。
201107151208

2011071512082

201107151210
山のひだや」の看板

201107151212
「嘉門次小屋」から名物のイワナの塩焼きでしょうか、青い煙が立ち上っています。

201107151214
「嘉門次」のレリーフとともに以下の碑文が記されてます。
   明神岳
  霊峯明神岳はその魁偉な山肌
  をえぐって明神池へなだれこむ
  ようにその倒影を撮す 清
  冽無比の水面は大古のように静
  寂 造化の妙正にこヽに極まる
   穂高見命を祀る穂高神社奥
  宮は何時の卋よりかこヽに鎮坐
  する 山のガイド上条嘉門次
  は大正六年十月二十六日七十一才
  で没するまで 池畔にその生
  涯を委ねた
   池の位置は東経一三七度
  三十九分 北緯三十六度十
  五分に位し 水面の標高
  一五四〇米

2011071512142
嘉門次小屋

201107151215
「嘉門次小屋」の案内板

201107151216

2011年11月16日 (水)

2007年7月 上高地旅行 2日目 梓川左岸散策 2

201107151014
基本的に道に迷うところではないですが、時々案内図を見たりして。

201107151020
台風が接近中なので、水の量は多いのではないでしょうか。

201107151044
「シナノキ」
  樹皮がやわらかくて強く綱
 や□紙等に用いてきた。長野
 県以北の温帯に多く分□□□
 朝廷は京都に最も近い長野県
 から紙を献上させ信濃の国名
 はシナノキが多いので名づけ
 たと言われる。シナとはアイ
 ヌ語で結ぶ意味
と記されています。

201107151052
「イチイ」
案内板に書いてある文字が読みにくい。

201107151058

201107151113
曇っている写真ばかりなので何だか暗い感じがしてますが、実際は晴れ間が見えたり、日が差したり、青ざらも見えたりしてるんです。

201107151114

2011071511142
大雨の影響でしょうか。

201107151125


2011071511252


201107151128
梓川右岸の山々

201107151132


201107151138


201107151139_2
白い花が咲いてました。

2011年11月15日 (火)

2007年7月 上高地旅行 2日目 梓川左岸散策 1

朝食を済ませて、明神池へ。

ちょっと小雨がぱらついてます。
201107150945
「河童橋」

201107150949
河童橋からの穂高連峰の眺め

201107150950_2
河童橋から焼岳方面の眺め

201107150956
「上高地ビジターセンター」の方から「河童橋」の方に振り返ったところ。
奥に河童橋が見えます。

2011071509562
「清水川」

2011071509563

201107150959
上高地ビジターセンター

201107151001
「小梨平野営場案内図」

201107151002
小梨平野営場

201107151003
「道標」

201107151004
「炊事場」
ここは結構にぎやかになるんでしょうね。コッヘルのぶつかったり、こすったりする音や蛇口から出る水の音とか。

201107151009

これから建物のない散策路です。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

米のとぎ汁乳酸菌 |  培養 |  豆乳ヨーグルト |  漬物 |  その他 | 室内水耕栽培 |  レタス |  小松菜 |  ほうれん草 |  水菜 |  せきちく |  モロヘイヤ |  チマサンチュ |  べんり菜 |  バイオサラダ |  極早生シスコ |  ロメインレタス |  その他 | 旅行記 | 旅行記:東北 |  青森:弘前/奥入瀬 |  岩手:中尊寺・厳美渓 |  岩手:浄土ヶ浜 |  宮城:松島 |  秋田:大湯温泉/田沢湖芸術村・角館 |  福島:いわき・スパハワイアンズ |  福島:大内宿・芦ノ牧温泉 | 旅行記:北関東 |  茨城:偕楽園・笠間 |  栃木:日光 |  群馬:猿ケ京/谷川温泉 |  群馬:老神温泉・吹き割れの滝 |  群馬:新鹿沢温泉 |  群馬:片品温泉・尾瀬 | 旅行記:首都圏 |  千葉:犬吠埼 |  千葉:館山/小湊 |  東京 |  神奈川:鎌倉 |  神奈川:小田原 |  神奈川:箱根 | 旅行記:伊豆 |  熱川/河津/南伊豆 | 旅行記:甲信越 |  新潟:佐渡 |  新潟:松之山温泉 |  山梨:増富ラジウム温泉/下部温泉 |  山梨:石和温泉・昇仙峡 |  長野:上高地 |  長野:東御市・湯ノ丸高原・池の平湿原 |  長野:諏訪湖・高島城・高遠城 |  長野:鹿教湯温泉 |  長野:妻籠宿 | 旅行記:北陸 |  石川:兼六園・金沢城・茶屋街 | 旅行記:東海 |  岐阜:白川郷 |  岐阜:馬籠宿 |  静岡:舘山寺 |  三重:伊勢・志摩 | 旅行記:近畿 |  京都:洛中 |  京都:洛北 |  京都:洛東 |  京都:洛南 |  京都:洛西 |  京都:宇治 |  奈良:奈良公園周辺 |  奈良:斑鳩・西ノ京 |  奈良:吉野 | 旅行記:その他 | さーどっさんって | お気に入り |  野菜 |  米 |  水 |  ハクキンカイロ |  ホウロンポウ(蓬龍宝) |  iPhone | 工夫 | ひとりごと

乳酸菌培養の材料

室内水耕栽培

会員です



お気に入り