カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「 京都:洛東」の34件の記事

2011年11月 2日 (水)

2007年3月 京都旅行 2日目 平安神宮2 神苑

200704011001
「南神苑」立札

2007040110012
少し桜が咲いてます。
やはり団体客は多いです。また、みなさんの手には立派なカメラが。

200704011002

200704011005
「日本最古の電車」の案内板

2007040110052
「日本最古の電車」
これは「鉄道博物館」で保管、展示して欲しいですね。
薄汚れていて、みっともない。あまり管理されているとは思えません。

200704011012
「西神苑」

200704011014

200704011015

200704011032
「東神苑」にて「泰平閣」と「尚美館」

200704011033
「尚美館」

200704011034

200704011036

200704011037


200704011039


200704011055
これより「平安神宮」を出て、散策しながら京都駅へ向かいます。

2011年11月 1日 (火)

2007年3月 京都旅行 2日目 平安神宮1

さあ、「平安神宮」です。
修学旅行以来です。あまり印象は残ってませんが。

200704010938

200704010939
「琵琶湖疏水」

2007040109392
鳥居が多きのでなかなか近づいている感じがしません。

200704010943
「大鳥居」を過ぎて、二条通を渡ります。

200704010945
博覧会の名残なのでしょうか。

200704010950
「応天門」と「手水舎」

200704010952
「大極殿」
ここは記念撮影する団体が多い場所ですね。

200704011000
「神苑」案内図
これより「神苑」に入ります。


2011年10月31日 (月)

2007年3月 京都旅行 2日目 琵琶湖疏水

宿を出て、「平安神宮」に向かいます。

200704010918
「インクライン」

200704010921
「南禅寺」方面を見たところ。

200704010924
「京都市三大事業」の碑
第2疏水
水道
市電の走る幹線道路
が三大事業と記されてます。

2007040109242
「巨大な輝き」像
「水門を開ける男」と「開かれた水門からキラキラあふれ出る命の水」を表しているそうです。
前の碑と合わせて思うに、東京に遷都した影響で暗くなった京都を何とか盛り返そうともがいてる現れなのでしょうか。
「京都」には「東京」のようになって欲しくないですね。

200704010926
「琵琶湖疏水記念館」
何が展示されているのでしょうか。

2007040109262

200704010927


200704010928


200704010934
「平安神宮」が見えてきました。

200704010936
「琵琶湖疏水」の桜

さて、「平安神宮」です。

2011年10月30日 (日)

2007年3月 京都旅行 旅館 菊水

今回お世話になった宿は南禅寺に近い「菊水」です。

200703311612
この手前に旅館「八千代」があります。

2007033116122_2

こちらが夕食です。料理旅館なので見た目も味も丁寧です。
200703311909_2

200703311927_2

200703311944

200703311956

200703312000

200703312014

200703312025_2
1時間半ほどかけていただきました。
食べ終わるのを見計らって一品一品並べていただけるので、落ち着いて食事ができました。
やはり料理旅館ですね。

翌朝の宿の庭園です。
200704010803

200704010804
桜はまだ開花したばかり。
長期予報をあてにせず、例年の開花時期に合わせて花見の予定を立てたほうがよろしいようです。
でも、これはこれで例年より静かな京都を楽しむことができました。

そして、朝食をいただきました。
200704010807

このあと「平安神宮」へ。

2011年10月29日 (土)

2007年3月 京都旅行 1日目 南禅寺

「哲学の道」から「南禅寺」へ向かいます。

200703311533
禅林寺(永観堂)

200703311534_2


200703311537

200703311539_2
「南禅寺 正的院」
いよいよ「南禅寺」へ。

200703311543
「三門」

200703311544
うっすらと桜が咲いてました。

200703311546

200703311551

200703311555
奥に「疏水」が見えます。

200703311556
有名な「疏水」です。

200703311558

200703311602

200703311606

200703311608
「南禅寺」駐車場です。
こちらの枝垂れ桜が見事なのでパチリ。
もうそろそろ宿に行かないといけないので。

2011年10月28日 (金)

2007年3月 京都旅行 1日目 哲学の道2

「哲学の道」の脇に流れる「白川疎水」の分流に鯉を発見。
200703311433

こちらは爺婆発見。
200703311434
こんな瓦がさりげなくあるのが京都か。

200703311436


200703311438
桜があまり開花してないので、他の方に被写体を求めてしまいます。

200703311443

200703311448
「哲学の道」は桜ばかりじゃないぞ。って、他の花が主張しているような気がします。

200703311449

200703311450

200703311516
「大豊神社」の入口にある桜。

200703311528
「哲学の道」の石碑

2011年10月27日 (木)

2007年3月 京都旅行 1日目 哲学の道1

桜の開花が早く、見ごろも早くなるだろうという予想が報道されていたので、宿泊日をいつもより1週間早く3月末にして予約した。その結果、つぼみが多く残念な花見の旅行となった。まあ、人が少なくてその分ゆっくり見て回れるかな。

京都駅より「哲学の道」の「銀閣寺」側までタクシーで移動。その後、「哲学の道」をそぞろ歩き。
春の「哲学の道」の風情を楽しもうと思ったもので。

200703311409
桜はこれからといったところです。「ちょうどこのぐらいがええなあ、人が少のうて」というような声が聞こえてきました。そうそう、と気持ちが少し楽になりました。

200703311410
ちょっと背景が曇り空の為、桜が引き立ちませんが。

200703311412
一生懸命桜を強調して撮ったつもり。

200703311414

200703311418
ちょっと暗いのですが、メジロです。

200703311423

200703311427

200703311428
 人は人吾はわれ也とにかくに吾行く道を吾は
 行なり  寸心
  コノ歌ハ西田幾多郎先生晩年ノ作デ 書ハ
  昭和十四年ノ自筆ニヨッタ 人生ノ指針ヲ
  示シタ碩学ノ教エトシテ 哲学の道ヲ散策
  スル人々ニ愛唱シテホシイ チナミニ寸心
  トハ先生ノ居士号デアル
  昭和五十六年五月
と記されています。

2007033114282
こちらが自筆の碑で
 「人は人吾は
  われ也とに
  かくに吾行
  く道を吾
  は行なり
    寸心」
となるようです。
ちょっと読めないですが。


2011年10月21日 (金)

2006年11月 奈良・京都旅行 4日目 河合神社

「馬場」を南に進んで右に曲がりました。たまたまですが。
すると「河合神社」がありました。

200611260952
「鴨長明ゆかりのお社」の立札を発見
これは見なければ。古文の時間に習ったあの「鴨長明」ゆかりの「方丈の庵」を。

2006112609522
「舞殿」

200611260953
「方丈の庵」
いやーこれですか。ここであの「方丈記」を書きましたか。
って、ここではなく「日野の里」と言われるところにあったそうな。こちらはあくまで復元。

2006112609532


200611260954
「河合神社」の案内板

さて、ゆっくりと京都駅に向かいますか。

2011年10月20日 (木)

2006年11月 奈良・京都旅行 4日目 下鴨神社

こちらが「下鴨神社」の
200611260912
「鳥居」

2006112609122
「御手洗ー直澄」の案内板

200611260914
「世界遺産」の碑

2006112609142_2
「下鴨神社」の立札

200611260916
「楼門」

200611260917
「下鴨神社由緒記」

200611260918
「舞殿」
舞を奉納する為なのでしょうね、神社には必ずあるのでしょうか。
実は、神社はあまり好きではないんです。
小さい頃は近所の神社に祭りというと行きました。
しかし、あるとき見てしまったのです。お神楽を。
あの独特の動き。人をバカにしたような動き。ひょこひょこ動く動作。
あごを突き出したままお辞儀をするような踊り。

それ以来、その神社に行かなくなりました。

200611260919
こちらの奥では結婚式の準備が行われておりました。

200611260934
裏の方に参りました。
近くに駐車場やトイレがあります。

200611260943
こちらが「馬場」です。
いわゆる「流鏑馬(やぶさめ)」でこちらでは「騎射(きしゃ)」と言われていた行事が行われる場所です。

2011年10月19日 (水)

2006年11月 奈良・京都旅行 4日目 朝食、糺の杜へ

朝食です。
200611260735
宴会場での食事になります。

帰りの新幹線を気にして早めにこちらをチェックアウト。
200611260843
宿の前はこんな感じ。春の「木屋町通」も桜できれいでしたが、秋もいい。

少し曇り空です。
タクシーに乗って、「下鴨神社」へ。

200611260858
「賀茂御祖神社糺の杜境内全景」案内図

2006112608582
「世界文化遺産」の碑

200611260900
「糺の杜と瀬見の小川」案内板

200611260902
「下鴨神社」参道です。

200611260904
少し薄暗いです。曇り空ということもあるのですが。

200611260908
神社よりはこの「糺の森」の雰囲気の方がいいですね。

200611260910
手前の緑、紅葉の始まった緑、奥の紅、そして小川に映る紅葉。
静寂です。

200611260911
「復元された古の小川『奈良の小川』」案内板


その他のカテゴリー

米のとぎ汁乳酸菌 |  培養 |  豆乳ヨーグルト |  漬物 |  その他 | 室内水耕栽培 |  レタス |  小松菜 |  ほうれん草 |  水菜 |  せきちく |  モロヘイヤ |  チマサンチュ |  べんり菜 |  バイオサラダ |  極早生シスコ |  ロメインレタス |  その他 | 旅行記 | 旅行記:東北 |  青森:弘前/奥入瀬 |  岩手:中尊寺・厳美渓 |  岩手:浄土ヶ浜 |  宮城:松島 |  秋田:大湯温泉/田沢湖芸術村・角館 |  福島:いわき・スパハワイアンズ |  福島:大内宿・芦ノ牧温泉 | 旅行記:北関東 |  茨城:偕楽園・笠間 |  栃木:日光 |  群馬:猿ケ京/谷川温泉 |  群馬:老神温泉・吹き割れの滝 |  群馬:新鹿沢温泉 |  群馬:片品温泉・尾瀬 | 旅行記:首都圏 |  千葉:犬吠埼 |  千葉:館山/小湊 |  東京 |  神奈川:鎌倉 |  神奈川:小田原 |  神奈川:箱根 | 旅行記:伊豆 |  熱川/河津/南伊豆 | 旅行記:甲信越 |  新潟:佐渡 |  新潟:松之山温泉 |  山梨:増富ラジウム温泉/下部温泉 |  山梨:石和温泉・昇仙峡 |  長野:上高地 |  長野:東御市・湯ノ丸高原・池の平湿原 |  長野:諏訪湖・高島城・高遠城 |  長野:鹿教湯温泉 |  長野:妻籠宿 | 旅行記:北陸 |  石川:兼六園・金沢城・茶屋街 | 旅行記:東海 |  岐阜:白川郷 |  岐阜:馬籠宿 |  静岡:舘山寺 |  三重:伊勢・志摩 | 旅行記:近畿 |  京都:洛中 |  京都:洛北 |  京都:洛東 |  京都:洛南 |  京都:洛西 |  京都:宇治 |  奈良:奈良公園周辺 |  奈良:斑鳩・西ノ京 |  奈良:吉野 | 旅行記:その他 | さーどっさんって | お気に入り |  野菜 |  米 |  水 |  ハクキンカイロ |  ホウロンポウ(蓬龍宝) |  iPhone | 工夫 | ひとりごと

乳酸菌培養の材料

室内水耕栽培

会員です



お気に入り