カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「 岐阜:白川郷」の11件の記事

2011年12月17日 (土)

2007年10月 白川郷旅行 2〜3日目 合掌集落の散策2、夕食、帰宅

200710071224

2007100712242
ススキと茅葺き屋根の民家

200710071226

200710071228

200710071230
脱穀中。
日常がここにはあるんですね。
静かに見て行きたいです。

200710071231

200710071233

2007100712332

この後昼食をとりに萩町交差点の先のそば屋に入りました。
一人で切り盛りしているようでした。
交差点より北側にはあまり観光客は来ないように思えました。店の中は空いてました。
そして結構歩き通しだったので、もう宿に戻ることにしました。

お風呂に入って、夕食です。
200710071831

朝食の写真は撮りわすれました。

そして帰宅。
チェックアウトして宿を出ようとしたら雨。雨の中でも予約した観光客達が傘を差して白川郷を歩いて行きました。
しっとりした風情もあるかも。

200710081157
「飛騨高山」の中を通ってみました。
雨でなかったら車を止めて歩きたいところですが。

200710081319
途中見かけた「ヤマボウシ」の木。これが「白川郷」にもいっぱいあったような。

200710081627
「上信越道」から見た「妙義山」。

200710081633
「横川SA」付近の景色。

今回の旅行は以上でした。


2011年12月16日 (金)

2007年10月 白川郷旅行 2日目 合掌集落の散策1

「明善寺」を過ぎて「展望台」方向(北の方向)へ

200710071200
「唐臼場」
 米・粟・ひえなどを精米したところ
と記されてます。

2007100712002
天日干しの稲と茅葺き屋根の民家

200710071201
よくテレビで見る光景ですね。

200710071202

200710071206
稲刈り後の田んぼと茅葺き屋根の民家

200710071207
人が多い。
自分もその一人ですが。

200710071208
「白川郷」と言うとこの風景もよく見ますね。
何だかカレンダーの世界です。

200710071210
あれ、こんなところに鱒が。

2007100712102
昔から放していたのだろうか。それとも客寄せ。な〜んて思ってしまう。
この日は暑くて、近くの店でラムネを買いました。

200710071211
「長瀬家」の案内板

 長瀬家
  当家の合掌造りは五代目当主民之助により、
 明治二十三年(一八九〇)に建造されました。白川郷
 の自然に育まれた樹齢一五〇〜二〇〇年の天然檜
 や樹齢三〇〇〜三五〇年という栃、欅、桂等の
 巨木が使用されております。
  五階建て合掌造りは、三年の歳月と当時の金
 で八〇〇円、米百俵、酒十一石八斗と白川郷民の結の
 心で完成したと云われております。
  平成十三年からの大屋根の葺き替えに当っては、
 NHKがその過程を一年に渡り撮影し、放送された
 ドキュメント番組は、今も伝えられている「結」の
 精神を伝え日本中に大きな反響を呼びました。
  また当家は、先祖が加賀百万石前田家の御典医
 を勤めていたことから前田家より拝領した品も
 多く伝わっております。
  揺るぎない風格と合掌屋根が作り出すなだら
 らな線は、白川郷の自然と相まって独自の美を創
 り出します。長きにわたり私たちの暮らしを守
 り、大家族を育て、心を豊かにしてきた「結の家」を、
 この度数々の民具や名品とともに、初めて皆さま
 に公開させていただきます。
  平成十五年六月吉日 当主敬白
と記されてます。

2011年12月15日 (木)

2007年10月 白川郷旅行 2日目 であい橋〜明善寺

宿へ戻りながら散策。

200710071136
「であい橋」を渡ります。

200710071137
ふと見ると「カバが口開けてる!」と思ってしまう石?。
何だかのどかだ。

2007100711371
ね、カバに見えるでしょ。

200710071138
「であい橋」近くの石碑。

200710071156
これより「明善寺」方面に向かいます。

200710071158
「明善寺」の案内板。

 明善寺庫裡(岐阜県指定重要文化財)
  村指定 昭和四十二年八月十一日 県指定 昭和四十三年五月六日
 徳川末期の建築で百五十有余年前のものである。作者は高山市の棟梁と
 地元萩町の棟梁との共作で三年間の歳月を経て漸く完成したもので材料は
 桧﨔松等で茅葺平家建延三〇七.七二五平方メートル(九三.二五坪)である。大型の類に属し
 切妻合掌造りの美観を考慮して作られ、民家の代表的なものである。

 明善寺鐘楼門(岐阜県指定重要文化財)
  村指定 昭和四十二年八月十一日 県指定 昭和四十三年五月六日
 享和元年酉十月九日飛騨の匠加藤定七によって建築が始められ
 延人足千四百二十五人を要して再建されたものである。茅葺の鐘楼に
 合掌の本堂および庫裡と相調和していっそう建築美を表現している。
 鐘は戦後再鋳されたもので高岡市中村義一の作である。

 明善寺一位の木(岐阜県指定天然記念物)
  村指定 昭和四十五年十二月九日 県指定 昭和四十九年十一月十三日
 文政十年本堂再建のご記念の木として副棟梁大工与四郎が
 植樹したもので根廻り約二.六メートル高さ十メートル余りである。

 明善寺本堂(白川村指定重要文化財)
  村指定 昭和四十二年八月十一日
 文政六年高山市の大工水間宇助により建築が始まり文政十年
 延人足九千百九十一人を要して完成されたもので材料は総﨔作り
 であるが今だに大おこりや割れ目が出ていない寄棟造り茅葺屋根である。
と読めます。

2007100711582
イチイの木

200710071159
「明善寺庫裡郷土館」


2011年12月14日 (水)

2007年10月 白川郷旅行 2日目 合掌造り民家園4

200710071108
生活感がある合掌造りの民家。

200710071109
雑穀の栽培
左が粟、右がもちきびと書いてあります。

200710071110

200710071116
この辺りになると、入園者はあちらこちらで休んでました。

2007100711162
「合掌造り民家園」も一巡するとそれなりに疲れますから。

200710071125
「信称寺」の土台。
我々はこの縁側で休みました。

2007100711252
「信称寺」の内部。

2007100711253
「信称寺」の内部。

200710071127
「信称寺」

200710071131
ここで「合掌造り民家園」から出ました。

2011年12月13日 (火)

2007年10月 白川郷旅行 2日目 合掌造り民家園3

200710071045
「厠」と言うのがお似合いの「お手洗い」

200710071048
「浅野忠一家主屋」

200710071053

200710071101
「山下陽朗家主屋」
 山下陽朗家主屋
  県指定重要部家財 公開
 ここから3km離れた白川村島から移築した旧山下陽朗家の主屋。
 現存する合掌造りは19世紀の建築が多く、山下陽朗家のような18世紀
 (江戸時代中頃)に建てられた合掌造りは貴重である。
 他の合掌造りとは外観が大きく異なり、合掌の妻面(三角形になって
 いる面)を板壁ではなく、細い丸太を立て、茅で塞いでいる。
 また、立派な仏壇はあるが、書院座敷がないなど古い建築様式を多く
 もつ。柱には檜材が多く使用されている。
と記されている。

2007100711012
「松倉観音」の絵馬だそうです。絵馬というと木札に思ってしまいますが、和紙に描かれるそうです。

200710071103
民家園の景色。

200710071105
ふと見るとトンボが足下に。

2007100711052
逃げて行きません。

2007100711053
続いてこんなものも発見。

200710071106
水力で動く杵。その向こうになぜか石臼がある。

2007100711062
実際に動いてました。

2007100711063
こういう原理で動き杵は始めてみたと思います。「鹿威し」みたいな。

200710071107
水源には消火栓のようなものがありました。

2011年12月11日 (日)

2007年10月 白川郷旅行 2日目 合掌造り民家園2

2007100710273


200710071029
茅葺きの裏側を見てみました。わりと新しい。
何年かに1回は葺替えをするのでしょうから当然ですね。

200710071030
「ブツマ(ナイジン)」とあります。何だか違和感があります。

200710071033
竪穴式住居のような建物に近づきました。

2007100710332
「マタダテ(股建)小屋」の案内板。
 マタダテ(股建)小屋は災害などで家を失った時に、復旧するまでの
 仮住まいとして建てられたものである。
と記されてます。いわゆる仮設住宅ですか。現代の仮設住宅とどっちがいいんだろう。

200710071034
「マタダテ小屋」の内部。

200710071035
茅葺き屋根の家ばかり見ていると、飽きてきますね。

2007100710352
その家の近くに咲いていた花。

200710071037
秋の七草。

200710071038

200710071040
機織り機

200710071041
馬屋の道具

2007100710412
馬屋の道具

2011年12月10日 (土)

2007年10月 白川郷旅行 2日目 合掌造り民家園1

「合掌造り民家園」に入りました。

200710071009

200710071016

200710071018
ヘビの出迎えを受けました。って逃げて行きました。
ここでヘビに出会うとは。

200710071019
桜植樹の記念碑

2007100710192
何かの洞穴。なんの為だかわからないけど。

2007100710193
フラッシュたいてみました。

200710071020
「みてみて」と言っているように思える水車小屋。

200710071021
中に入ると臼がありました。

2007100710212
ちゃんと動いてます。

200710071022
水辺に並ぶ民家。

200710071023
やはりみなさん水車小屋には興味あるんですね。

200710071024
高い位置から見下ろすとこんな感じ。
茅葺き屋根の民家は広範囲から移築したようです。

200710071026
竪穴式住居のような建物。

2007100710262
典型的な茅葺き屋根の家。

200710071027
おっ、わら打ち仕事かっ、と思ったのですが、「もちきびの脱穀」を実演しているそうです。

2007100710272
案内板が出てました。

2011年12月 9日 (金)

2007年10月 白川郷旅行 2日目 朝食〜であい橋

朝食です。
200710070800
写真が貧弱ですが。

200710070825
日差しが強くなってきました。

200710070826

2007100708262

少し休んで散策に出ました。
200710070935
メインストリートからそれて、「であい橋」に向かってます。
そこから「庄川」を見ました。
奥に見える橋は、宿から見た橋です。

200710070936

200710070937

200710070940
「本覚寺」

2007100709402
「であい橋」に向かってます。

200710070954
「であい橋」です。
もう渡ってしまいました。

2007100709542
「であい橋」を渡ったところから、宿の方向を見たところ。

ここが大きな駐車場になります。観光バスなども止まります。

そして道を渡って、「合掌造り民家園」に入りました。

2011年12月 8日 (木)

2007年10月 白川郷旅行 2日目 朝食前の散歩2

続いて朝の散歩。

200710070702
城跡方向を見てます。
この道がメインストリートってことでしょうか。

200710070703
横道の様子。

2007100707032
何かの石碑がありました。その横には家庭菜園風の畑。

200710070705
メインストリート。
まだ先に行ってみます。

2007100707052
道標

2007100707053
道標

200710070707
のどかな朝の景色。

200710070708
あちらこちらに民宿があります。

200710070709
まだ、メインストリートを進みます。

200710070713

もうそろそろ戻ります。もうすぐ朝食のため。

200710070717

200710070719
「白川郷観光案内所」

200710070720
案内図

2007100707202

200710070724
所々で稲刈りが途中のところがありました。
いっぺんに刈り取らないのでしょうか。
それとも、稲刈りを体験型のイベントにしているのかな。

200710070725

200710070728
コスモスの向こうに茅葺きの屋根の小屋。

200710070729
コスモス越しの「和田家」住宅。

さあ、朝食の時間だ。

2011年12月 7日 (水)

2007年10月 白川郷旅行 2日目 朝食前の宿、散歩1

朝の散歩に出かけようと少し早く起きました。

200710070556
部屋から見た庄川
「合掌造り民家園」の方が少し靄がかかってます。

2007100705562
やはり朝は静かです。

2007100705563

2007100705564

200710070557

200710070642
部屋の近くにはこういった鎧が飾ってあります。

散歩に出かけてみました。
200710070651
宿から近いJAの駐車場。

200710070653
城跡方向を振り返ってみたところ。

200710070655
稲刈りが終わった田んぼの向こうに、ぽつんとたたずむ茅葺きの小屋。

200710070656

200710070657
「和田家」住宅

200710070659
コスモス越しに来た道を振り返ってみました。左にJA、奥が萩町の交差点、右の奥が城跡方向です。

静かで、空気が澄んでる。


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

米のとぎ汁乳酸菌 |  培養 |  豆乳ヨーグルト |  漬物 |  その他 | 室内水耕栽培 |  レタス |  小松菜 |  ほうれん草 |  水菜 |  せきちく |  モロヘイヤ |  チマサンチュ |  べんり菜 |  バイオサラダ |  極早生シスコ |  ロメインレタス |  その他 | 旅行記 | 旅行記:東北 |  青森:弘前/奥入瀬 |  岩手:中尊寺・厳美渓 |  岩手:浄土ヶ浜 |  宮城:松島 |  秋田:大湯温泉/田沢湖芸術村・角館 |  福島:いわき・スパハワイアンズ |  福島:大内宿・芦ノ牧温泉 | 旅行記:北関東 |  茨城:偕楽園・笠間 |  栃木:日光 |  群馬:猿ケ京/谷川温泉 |  群馬:老神温泉・吹き割れの滝 |  群馬:新鹿沢温泉 |  群馬:片品温泉・尾瀬 | 旅行記:首都圏 |  千葉:犬吠埼 |  千葉:館山/小湊 |  東京 |  神奈川:鎌倉 |  神奈川:小田原 |  神奈川:箱根 | 旅行記:伊豆 |  熱川/河津/南伊豆 | 旅行記:甲信越 |  新潟:佐渡 |  新潟:松之山温泉 |  山梨:増富ラジウム温泉/下部温泉 |  山梨:石和温泉・昇仙峡 |  長野:上高地 |  長野:東御市・湯ノ丸高原・池の平湿原 |  長野:諏訪湖・高島城・高遠城 |  長野:鹿教湯温泉 |  長野:妻籠宿 | 旅行記:北陸 |  石川:兼六園・金沢城・茶屋街 | 旅行記:東海 |  岐阜:白川郷 |  岐阜:馬籠宿 |  静岡:舘山寺 |  三重:伊勢・志摩 | 旅行記:近畿 |  京都:洛中 |  京都:洛北 |  京都:洛東 |  京都:洛南 |  京都:洛西 |  京都:宇治 |  奈良:奈良公園周辺 |  奈良:斑鳩・西ノ京 |  奈良:吉野 | 旅行記:その他 | さーどっさんって | お気に入り |  野菜 |  米 |  水 |  ハクキンカイロ |  ホウロンポウ(蓬龍宝) |  iPhone | 工夫 | ひとりごと

乳酸菌培養の材料

室内水耕栽培

会員です



お気に入り